RSS
 

結婚式までの準備

結婚式までの準備

挙式まで、新郎新婦、両親や仲人がすべきことはたくさんあり、ひとつひとつクリアして、晴れの日を迎えましょう。

ポイント
  • ・あせらず、ひとつひとつやっていく
  • ・ふたりですることと、個人ですることに分けて行う
  • ・なるべく相手や家族と相談しながら、スケジュールをこなす

挙式まで半年、というスケジュールなら準備に時間がかけられ、ふたりの負担が軽くなるでしょう。もし挙式まで時間がない場合は、1カ月からは下の表と同様のスケジュールとなるので、それまでに6〜2カ月前の事項をすませるようにします。またふたりで相談しながらひとつひとつのスケジュールをこなすようにしましょう。

入籍日は両親とも相談して決めましょう

入籍日は両親とも相談して決めましょう。

下の表では入籍日のスケジュールが入っていません。かつては、結婚式を挙げてから入籍するというのが一般的でしたが、いまは本人たちの自由です。ふたりの住居が離れていて挙式の相談をするのに不都合があれば、式の前に入籍と引っ越しをすませるのもいいでしょう。双方の両親とも相談して、入籍日を決めるようにします。

結婚式までのスケジュール
 新郎新婦がすること 挙式関係新郎新婦がすること 旅行、新生活、その他両親仲人がすること
〜六ヶ月まで正式な婚約・結納をすませておく
●仲人を決め、媒酌の依頼をする
●挙式、披露宴のスタイルを決める
●挙式の日取りを決める
●挙式、披露宴の予算を決める
●式場、披露宴会場の予約
●新婚旅行先を決める
●新居の形態を決める
●健康診断を受け、必要があれば治療する
正式な婚約・結納に立ち会う
●親戚に婚約を報告する(両親)
●媒酌の依頼を受ける(仲人)
●挙式、披露宴のプランの相談にのる
●新居についての相談にのる(両親)
(同居についての検討)
●衣装選びへの同行(新婦の母親)
〜三カ月まで●婚礼、お色直しの衣装を決める
●勤務先に婚約の報告をする
●招待客のリストアップをする
●招待状の印刷発注
●エステサロンなでへ通いはじめる(新婦)
●スピーチや余興の依頼をする
●招待状を発送する
●勤務先に休暇の内諾を得る
●新婚旅行の予約をする
●パスポートの手配をする
●新居選び(物件の下見など)、決定をする
●勤務を辞める場合は退職届を提出(新婦)
●招待客のリストをチェックする(両親)
●招待状の文面をチェックする
●新居準備の相談にのる(両親)
●海外挙式へ出席する場合、パスポートの手配など(両親)
〜二ヵ月まで●引き出物を決める
●結婚指輪を購入する
●衣装に合わせた小物選びをする(ブーケ。ブートニアの注文など)
●ブライダル・スタッフを依頼する
●式の進行について、式場係との打ち合わせをはじめる
●二次会についての打合せをする
●新婚旅行の行動プラン、服装の準備をする
●新居のインテリア・家具などを準備・購入する
●引き出物の相談にのる(両親)
●両家にお祝いを届ける(仲人)
一ヵ月まで●招待状の返信確認をする
(未到着分については、電話で確認する)
●遠方からの招待客がある場合は、交通機関や宿泊施設を手配する
●披露宴の席次を決定、印刷を発注する
●引き出物の数を決定する
●媒酌人にあいさつをする
●ヘアメイク(和装の場合はかつら合わせ)の打ち合わせをする(新婦)
●戸籍抄本を取り寄せる
●新しい印鑑を用意しておく
●新婚旅行代金の支払いを済ませ、チケットを準備する
●結婚通知状の作成、発注をする
●お祝い返しの準備をする
●身の回り品の整理をする
●新居の生活用品を準備・購入する
●勤務先へ休暇届を提出する
●席次決定の相談にのる(両親)
●(自分たちの)礼服の準備をする(両親)
●着付け、美容院などを予約する(両親)
〜2週間まで●挙式当日の車の手配をする
●媒酌人へのお礼の準備をする
●各種届け出の準備をする
●新婚旅行の荷物・服装をそろえる
●新居の電気・水道・ガス・電気をチェック
●新居でのあいさつ回りの品を準備する
●新居への引っ越しをする
●媒酌人へのお礼の相談にのる(両親)
●披露宴でのスピーチの準備をする(仲人)
一週間から直前まで●挙式当日に必要な物をそろえる
●係りの人と最終打ち合わせ
●式場と最終打ち合わせ
●媒酌人にあいさつをし、最終打ち合わせ
●十分な睡眠をとり、体調を整える
●新婚旅行の出発準備をする
●実家近隣へのあいさつをする
●披露宴での謝辞の準備をする(両親)
●新婦新婦の挙式準備をチェックする
●自分たちの礼服や小物を準備する
●ご祝儀を用意しておく(両親)
●整髪・美容院へ行く